【夜が来る ~QPサックス~】

━ 夜が来る  は、小林亜星氏作曲の サントリーオールドのCMでお馴染みの曲。

琥珀色のグラスに映る夜の情景が浮かんでくるこの曲は、サックスの音色でより濃く鮮明になっていく。

4人のサックスから、どの音が鳴っているのか、探りながら聴くにつれ、その分、QPサックスのカルテットの音景色にぐんとのめり込んでいくことに、はっとした。

その演奏は、サックスの音色のまろやかさに留まらず、オーケストラにの様を呈して、聴こえてくる。

5年前、OPサックスの面々が、初めて壱番館で音景色を繰り広げた際に、直後に初の北海道への演奏ツアーがあって、その為のCDはすぐに売り切れたことを思い出す。

それからも、QPサックスは着実に活動のすそ野が拡がり、名実ともにエンターテイメントの深みを濃くしていた。

その後、出した、2枚目のCDが完売したことが、その証だろう。

90名の聴衆の方々も、そう確信されたに違いない。

コメントをどうぞ