【クラリネットとユズルクン~第156回音景色フロアーコンサート」

━ ちょうど羽生結弦選手が滑る時間帯と重なっているから、今日の音景色に来られるかしら?

━ 世界が注目する、ユズルクンだもんねえ…

外野の声は、見事に外れ、113名の大勢の音景色ファンが、壱番館初出演のジャズクラリネッタ― 森田三惠( もりた みえ )さんを迎えた。

なおかつ、あえて添えれば、『ユズルクン』が、金メダルを確定した直後だっただけに、そのニュースを知ったファンのテンションも少なからず上がったはずの音景色だ。

クラリネットの軽やか、そして、まろやかな音色で奏でるJAZZの名曲は耳に心地よい。

♪ 鈴懸の径

♪ 明るい表通りで

♪ 黒いオルフェ

聴き覚えのある曲を紹介されて、ああ、この曲か、とスイングが更に乗ってくる。

往年のJAZZファンはなおさらだろう。

ウッドベースの小車洋行( おぐるまひろゆき )さんと ピアノの渡辺大樹( わたなべ だいき )さんは、北九大JAZZ研の先輩後輩とのこと。

ふたりの渋いバックが、クラリネットの響きをさらに浮上させている。

CDの売れ行きも好調で、今夜の晩餐は、クラリネットの音色とユズルクンの話題で盛り上がることだろう。

コメントをどうぞ